オンラインカタログ

 学名検索1
 属名:
 種名:
    例1: 属名 = Micromonospora
例2: 種名 = aurantiaca
例3: 属名 = %monospo, 種名 = %ensis
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 学名検索2
   学名:
    例1: 学名 = Micromonospora chalcea
例2: 学名 = Lactobacillus paracasei subsp. paracasei
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 JCM番号検索
   JCM番号:
    例: JCM = 12345 (完全一致検索)

 他保存機関番号検索
 機関名略称:
 番号:
    例1: 機関名略称 = DSM, 番号 = 43067
例2: 機関名略称 = VKM, 番号 = Ac-636
(完全一致検索。大文字・小文字は区別されます)

 菌株データ検索
   キーワード:
    例: キーワード = genome sequence
(部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

 培地検索
 JCM培地番号:
 培地名:
    例1: JCM培地番号 = 58
例2: 培地名 = malt extract
(JCM培地番号は完全一致検索、培地名は部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

微生物株の提供申込み

  1. 注文から支払いまでの基本的流れ
  2. 生物遺伝資源提供同意書 (MTA) について
  3. 必要書類
  4. 各種書類送付先
  5. 微生物株の発送
  6. 微生物を受領したら
  7. 提供手数料
  8. ご利用にあたって
  9. 問い合わせ先


1. 注文から支払いまでの基本的流れ

  1. JCM オンラインカタログからご希望の微生物名と JCM 番号を検索して下さい。
  2. 「提供承諾書」が必要か否かはJCM オンラインカタログでご確認下さい。特に提供条件が記されていない場合は不要ですが、必要な場合は以下の手順で提供承諾書を作成して下さい。
    1. 依頼者から寄託者へ提供承諾書を送付
    2. 寄託者から依頼者へ提供承諾書を返送
  3. 提供依頼必要書類作成
    各種必要書類(必要書類へ)を作成し、ご捺印のうえ下記送付先へお送り下さい。

    • 「微生物材料提供依頼書」
    • 「生物遺伝資源提供同意書」
    • 「提供承諾書」(該当する場合のみ)
    • 「バイオセーフティーレベル2微生物株利用誓約書」 (バイオセーフティーレベル2の設備で取り扱うべき微生物株 (暫定的指定株 = “provisional” を含む) をご依頼の際には本誓約書が必要です。お申込みの微生物株がバイオセーフティーレベル2設備を要する株かどうかは JCM オンラインカタログでご確認下さい。尚、該当する微生物株の提供は、微生物の取り扱いと管理に関する規定を有し、かつ微生物等安全管理委員会等が当該微生物の使用を承認している機関、あるいは安全キャビネットとオートクレーブを所有する機関に限らせていただきますのでご了承下さい。)
    • 「遺伝子組換え生物の提供確認書」(該当する場合のみ)
      微生物材料開発室より提供する微生物株が「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」並びに当該法に基づく省令及び告示により規定された第二種使用等に該当する遺伝子組換え生物の場合は、以下の手続きが必要です。ご希望の微生物株がこれに該当するかどうかは、JCM オンラインカタログでご確認下さい。

      1. 「遺伝子組換え生物に関する情報提供書」をお送りします。
      2. 貴機関における手続きの後、「遺伝子組換え生物の受入確認書」を作成し、他の書類とともにお送り下さい。
    • カタログの中には輸入有害微生物として植物防疫法で規制されている微生物株も掲載されています。該当株のリストをご確認のうえ、お申し込み下さい。規制を受ける微生物株をお申込みになる場合は所定の手続きが必要となります。
  4. 微生物株の発送(発送後、メールでお知らせいたします)
  5. 請求書発行
  6. 入金

このページの最初に戻る


2. 「生物遺伝資源提供同意書」(Material Transfer Agreement, MTA)について

  • 微生物株の提供に当たっては、リソースの利用を促進し、権利・義務の関係を明確にするため、提供依頼者と当センターとの間で「生物遺伝資源提供同意書」を取り交わします。
  • 本同意書にはご使用になる際の研究課題名を記載していただきますが、記載された課題と大幅に異なる目的でご利用される場合は、改めてMTAの締結が必要です。
  • 「生物遺伝資源提供同意書」には「第一種生物遺伝資源提供同意書」と「第二種生物遺伝資源提供同意書」の2種類があります。
    • 第一種生物遺伝資源提供同意書:非営利機関における非営利学術研究目的へのバイオリソースの提供につきましては、本同意書をご使用下さい。
    • 第二種生物遺伝資源提供同意書:以下に該当するバイオリソースの提供につきましては、本同意書をご使用下さい。
      • 営利機関
      • 非営利機関と営利機関との共同研究
      • 非営利機関による営利機関からの委託研究
      • 非営利機関による営利を目的とした研究開発(特許等の取得を目的とした研究開発を含む)
    • 第一種および第二種生物遺伝資源提供同意書いずれの場合も、事前に寄託者の承諾を得ていただくことが必要なリソースがあります。
    • ※ 「非営利機関」とは、大学及び国公立の試験研究機関(独立行政法人を含む)、高等専門学校、公益財団等、医療法人、教育機関(専門学校等を含む)です。
      ※ 「営利機関」とは、民間企業等、上記以外の研究機関です。

  • 上記寄託者の事前の承諾以外にも、カタログ等に掲載されている微生物株のなかには、寄託の際に寄託者の権利を守るための固有の条件が付加されているものがあります。この付加条件は、リソースの提供にあたって利用者に課せられることになり、MTA に記載され、遵守していただくことになります。
  • 提供にあたって、寄託者から提供の承諾を事前に得ることが条件として付加されている場合は、「提供承諾書」(書式 M-6) もしくは「Approval Form」(書式 M-12、寄託者が海外の研究者の場合) を用いて寄託者から承諾を得たのち、当センターにお申し込み下さい。
  • 一旦締結した「生物遺伝資源提供同意書」は、担当者、研究責任者、機関長、研究課題、微生物株が同一の場合には再度使用することができます。再度提供を依頼される場合は微生物株提供依頼書に、既に締結されているMTA番号をご記入下さい。
  • 提供を受けたリソースを利用した研究成果(論文、報告書等)を発表する際は、理研BRCから提供を受けたことを明記し、その1部 (別刷りまたはコピー)を理研BRCにお送り下さい。理研BRCは事業の成果としてホームページ等で公表し、リソースの特性情報として蓄積します。
  • 本カタログに掲載されている微生物株は、保存状況、法的規制等により提供対象から除外されたり、提供条件が変更されることがあります。

このページの最初に戻る


3. 必要書類

書 式 名 部 数 備  考
書式
M-4
微生物材料提供依頼書 1 部 <<ご記入上の注意>>
書式
M-5
生物遺伝資源提供同意書(第一種と第二種の違いについてはこちら 第一種生物遺伝資源提供同意書 正本 2 部 <<ご記入上の注意>>
第一種の場合
第二種の場合
第二種生物遺伝資源提供同意書
書式
M-6
提供承諾書 1 部 該当する場合のみ
<<ご記入上の注意>>
書式
M-12
Approval Form 1 部 寄託者が海外の研究者の場合の提供承諾書
書式
M-7
バイオセーフティーレベル2微生物株利用誓約書 1 部 該当する場合のみ
<<ご記入上の注意>>
書式
M-7G
遺伝子組換え生物の受け入れ確認書 1 部 該当する場合のみ
  • 上記書類は Adobe® PDF ファイルとしてダウンロードしていただけます。Adobe® Reader® を用いて必要事項をご入力後、印刷 (なるべく両面印刷で)、 ご捺印の上、郵便またはファックスにて下記送付先宛お送り下さい。尚、「生物遺伝資源提供同意書」および「バイオセーフティーレベル2微生物株利用誓約書」をファックスでお送りいただいた場合には、書類の内容を検討の後、あらためて郵便でお送りいただくことになりますことをご了承下さい。
  • 「機関長」は、大学の場合は学長または学部長、研究所の場合は所長を想定しております。本同意書は機関間の契約となりますので、原則として「機関長」印は公印をご捺印下さい。また、すでに知的財産権に関する管理責任者が任命されている機関では、管理責任者のご記名、ご捺印をお願いします。
  • 提供承諾書ならびにバイオセーフティーレベル2微生物株利用誓約書の要不要はオンラインカタログでご確認下さい。提供承諾書はオンカタログ上で “Terms and conditions requested for distribution.” の記載があり、さらにその中で提供承諾書(Aproval Form)が必要であると明記されている場合のみ必要となります。またバイオセーフティーレベル2微生物株利用誓約書はオンカタログ上で “Biosafety level 2” または “Biosafety level 2 (provisional)” と明記されている場合のみ必要となります。
  • 電話および電子メールでの提供受付は行っていませんのでご了承下さい。

このページの最初に戻る


4. 各種書類の送付先

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1
  国立研究開発法人 理化学研究所
  バイオリソースセンター 微生物材料開発室
  FAX: 029-836-9561
  E-mail: inquiry.jcmriken.jp

このページの最初に戻る


5. 微生物株の発送

必要な手続きの終了後、微生物株を原則として凍結乾燥または L乾燥のアンプルで発送します。復元法についてはアンプルに同封される手引き、あるいはこちらをご参照下さい。アンプル提供不適株については培養物、凍結標品または凍結解凍標品(一部の糸状菌と酵母)でお送りします。凍結解凍標品の復元についてはこちらの手引きをご参照下さい。また、ご依頼により、アンプルより微生物を培養し、生菌(スラントまたは液体培養 10 ml 程度)にて提供することも可能ですので、ご希望の方はメール (inquiry.jcmriken.jp) にてご相談下さい(培養に時間を必要とする場合もありますのでご理解のほどお願いいたします)。なお、送付された微生物株に問題がありましたら、8. ご利用にあたって をご覧のうえご連絡下さい。

このページの最初に戻る


6. 微生物を受領したら

微生物株がお手元に届きましたら、内容物をご確認の上、万が一、破損・不足等の問題がありましたら発送後14日以内にinquiry.jcmriken.jpまでご連絡ください。

このページの最初に戻る


7. 提供手数料

国内への提供手数料は以下のとおりです。

カテゴリー 単 位 手数料(送料, 税込み)
非営利機関※1 営利機関※1
A 凍結乾燥またはL-乾燥微生物株※2 本(アンプル等) ¥5,400 ¥10,800
F 凍結微生物株 本(バイアル) ¥5,400 ¥10,800
B 培養微生物株 (乾燥保存不適株)※3 本(バイアル等) ¥8,640 ¥17,280
C 依頼培養微生物株 (乾燥保存可能株)※4 本(スラント、バイアル等) ¥16,200 ¥32,400
D 微生物ゲノムDNA (1 µg)※5 本(バイアル) ¥17,000 ¥34,000
※1 「非営利機関」とは、大学及び国公立の試験研究機関(独立行政法人を含む)、高等専門学校、公益財団等、医療法人、教育機関(専門学校等を含む)です。「営利機関」とは、民間企業等、上記以外の研究機関です。
※2 凍結解凍標品(一部の糸状菌と酵母)を含む。
※3 乾燥保存不適のため、提供前に培養を要する場合。
※4 ご依頼によりアンプルから微生物株を培養し、生菌にて提供する場合。
※5 微生物ゲノムDNAの提供申し込み、発送についてはこちらをご覧下さい。

一度に20株以上お申し込みの場合には、大量利用促進制度(ディスカウント)が適用されます。詳細は http://ja.brc.riken.jp/distribute/discount_jcm.shtml をご覧下さい。

微生物株等の発送後に請求書をお送りしますので、それに従ってお支払い下さい。

このページの最初に戻る


8. ご利用にあたって

発注時に必ずお読みください。

 
(1) 再送の対象と連絡の期限

再送対象

連絡の期限(発送後)

① 不着、発注リソースの一部の欠品もしくは破損、凍結リソースの融解等

14日以内

② 指定培地・条件での復元・培養に失敗、混入等

30日以内

③ カタログ記載の特性、機能が確認できない等

3ヶ月以内

以上の場合には、各連絡の期限内に書面又はメールにより微生物材料開発室 (inquiry.jcmriken.jp) まで、ご連絡下さい。速やかに対応します。

 
(2) 再送・弁済の条件と限度

上記 (1) ①~③ の場合に該当し、各期限内に連絡があった場合にのみ、同一微生物株もしくは代替微生物株を1回に限り無償送付、クレジット(現時点ではリソースを必要としないが、将来必要となった時点で、同等品を請求できる権利)の付与、もしくは返金します。金銭的な弁済の場合は提供手数料を上限とします。海外機関の場合は、再送の輸送費については利用者に負担いただきます。尚、利用者の過失が原因である場合は、再送・弁済の対象となりません。

 
(3) キャンセル料

発送前に培養が必要なリソースを、利用者からの注文を受けてBRCが培養を開始した後に、利用者が注文をキャンセルした場合は、それまでの作業に要した費用は、提供手数料を上限として、利用者に負担いただきます。BRCがリソースを発送した後、利用者が注文をキャンセルした場合は、提供手数料の全額が利用者の負担となります。海外への発送の場合は、輸送費も利用者に負担いただきます。

 
(4) 輸送中の事故

輸送中の事故については、当センターでは一切の責任を負いません。利用者の責任において運送業者との交渉を行って下さい。
海外への発送については、利用者の責任において、輸送法と運送業者の選択、書類の手配を含め通関に必要な手続きを行って下さい。

 
(5) 品質の不具合の事例に関する情報公開

全ての事例についてホームページ上で情報を公開します。当該リソースを提供した過去3年間の利用者には個別に連絡を差し上げます。

このページの最初に戻る


9. 問い合わせ先

[微生物株に関する問合せ]

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1
  国立研究開発法人 理化学研究所
  バイオリソースセンター 微生物材料開発室
  FAX: 029-836-9561
  E-mail: inquiry.jcmriken.jp

[支払いについての問合せ]
〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1
  国立研究開発法人 理化学研究所
  バイオリソース推進室 BRC受付
  TEL: 029-836-9184 (直通)
  FAX: 029-836-9182
  Email: brc-frontbrc.riken.jp

このページの最初に戻る