オンラインカタログ

 学名検索1
 属名:
 種名:
    例1: 属名 = Micromonospora
例2: 種名 = aurantiaca
例3: 属名 = %monospo, 種名 = %ensis
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 学名検索2
   学名:
    例1: 学名 = Micromonospora chalcea
例2: 学名 = Lactobacillus paracasei subsp. paracasei
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 JCM番号検索
   JCM番号:
    例: JCM = 12345 (完全一致検索)

 他保存機関番号検索
 機関名略称:
 番号:
    例1: 機関名略称 = DSM, 番号 = 43067
例2: 機関名略称 = VKM, 番号 = Ac-636
(完全一致検索。大文字・小文字は区別されます)

 菌株データ検索
   キーワード:
    例: キーワード = genome sequence
(部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

 培地検索
 JCM培地番号:
 培地名:
    例1: JCM培地番号 = 58
例2: 培地名 = malt extract
(JCM培地番号は完全一致検索、培地名は部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

微生物株の寄託・譲渡申込み


1. 譲渡・寄託について
2. 申込書類 (PDF)
3. 微生物株の輸送
4. 書類ならびに微生物株の送付先
5. JCM番号の通知
6. 微生物株に関する寄託ならびに公開の証明書について
7. 問い合わせ先


1. 譲渡・寄託について

JCM ではバイオセーフティーレベル1または2の設備で取り扱い可能な細菌 (放線菌を含む)、アーキア (古細菌)、酵母、糸状菌の譲渡または寄託を受け付けております。譲渡ならびに寄託に際しては、譲渡者あるいは寄託者の権利を守り、かつ当該リソースの利用を促進するため、当センターとの間で「生物遺伝資源譲渡同意書」または「生物遺伝資源寄託同意書」を取り交わし、権利・義務の関係を明確にさせていただいております (ここでいう「譲渡」とは知的財産権、実施権等のすべての権利が理研に移転される場合を、また「寄託」とは当該微生物株の知的財産権等が移転しない場合を指します)。微生物株の譲渡・寄託の際には、「微生物材料寄託申込書」(細菌・古細菌用酵母用糸状菌用)、および「生物遺伝資源譲渡同意書」もしくは「生物遺伝資源寄託同意書」にご記入いただき、ご希望の輸送形態、日程等をご連絡下さい。公的機関としての立場から、譲渡・寄託された微生物株は原則として提供の対象となります。登録が完了しましたら JCM 番号をご連絡いたしますので、論文などへの引用にご利用下さい。また、万一のため、微生物株はご自身でも保存しておいて下さいますようお願いいたします。

このページの最初に戻る


2. 申込書類 (PDF)

寄託・譲渡される方は、下記の書類に必要事項をご記入の上、下記送付先まで郵便あるいはファックスにてお送り下さい。

  1. 「微生物材料寄託申込書」 (微生物株毎にいずれかを 1 部)
    細菌・古細菌用 (書式 M-1-P)
    酵母用 (書式 M-1-Y)
    糸状菌用 (書式 M-1-M)
  2. 「生物遺伝資源譲渡同意書」(書式M-2) <<ご記入上の注意>> もしくは「生物遺伝資源寄託同意書」(書式 M-3) <<ご記入上の注意>> (それぞれ記名・捺印した正本を 2 部)
  3. 下記の書式は、組換え微生物株の寄託には必須です
    遺伝子組換え微生物の情報 (書式 M-1-G)
    遺伝子組換え微生物のデータシート (書式 M-1-GD)

「微生物材料寄託申込書」、「生物遺伝資源譲渡同意書」および「生物遺伝資源寄託同意書」は Adobe® PDF ファイルとしてダウンロードしていただけます。Adobe® Reader® を用いて必要事項をご入力後、印刷 (なるべく両面印刷で)、ご捺印の上、下記送付先宛にお送り下さい。ファックスでいただいた場合には、同意書の内容を検討させていただいた後、あらためて郵便でお送りいただくことになりますことをご了承下さい。

<<譲渡・寄託される方へのお願い>>

「生物遺伝資源譲渡同意書」または「生物遺伝資源寄託同意書」に関して

  • 「生物遺伝資源寄託同意書」は、寄託者の意思を尊重した内容になっておりますが、微生物株を広く研究者の方々に利用して頂くため、できる限り付加条件は最小限でお願いいたします。尚、公的バンクの立場から、提供条件として当該微生物株を利用した研究成果の発表には寄託者との共著とすることを希望する場合には、その期間を寄託から最長2年間と限定させていただきたくご理解の程お願いいたします。
  • 「機関長」の記名・捺印は、大学の場合は学長または学部長、研究所の場合は研究所長を想定しております。本同意書は機関間の契約となりますので、原則として「機関長」印は公印をご捺印下さい。また、すでに知的財産権に関する管理責任者が任命されている機関では、管理責任者のご記名、ご捺印をお願いします。

遺伝子組換え微生物の情報

  • 寄託する微生物株が遺伝子組換え体の場合は、遺伝子組換え微生物の情報(書式 M-1-G)により次の情報の提供をお願いします。

    (1)  遺伝子組換え生物等の第二種使用等をしていること
    (2)  大臣確認の要否
    (3)  宿主等の名称、および、核酸供与体と供与核酸の名称
    (4)  氏名および住所(法人の場合、その名称と担当責任者の氏名および連絡先)
    (5)  その他、利用者にとって望ましいと判断される情報

    これらの情報提供を怠った場合、法律違反による罰則が適用される場合があります。 また、遺伝子組み換え微生物のデータシート(書式M-1-GD)に、遺伝子組換え微生物の確認のためのPCR用プライマーの配列とそれらの反応条件、導入遺伝子の構造又は標的組換え遺伝子の構造の図の添付をお願いします。 また、培養に関して特に注意すべき事項がございましたらご記入下さい。なお、遺伝子組み換え微生物株の送付は、必要な書式の内容を検討させていただいた後、寄託の可否・送付方法等についてご連絡いたします。その後に微生物株を下記送付先にお送り下さい。

細菌またはアーキアの新種・新亜種を提案される方へ

  • 国際原核生物分類命名委員会 (ICSP) ならびにその公的機関誌である International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology (IJSEM) は、細菌およびアーキアの新種、新亜種ならびに新組み合わせを発表する場合はその基準株 (type strain) がカルチャーコレクションから制約なしに他の研究者へ提供されることを求めています。「生物遺伝資源寄託同意書」の第6項で利用条件を付加されますと、後に発行される「寄託ならびに公開の証明書」にはその条件が記載されることになり、この場合、IJSEMはその証明書の受け取りを拒否する可能性もあります。したがって、細菌ならびにアーキアの基準株に予定されている微生物株の寄託に際しては、利用条件を付加されないことをお薦めいたします。

微生物株の公開に関して

  • 譲渡・寄託された微生物株は提供準備が完了した時点で公開いたします。但し、譲渡・寄託した微生物株に関する論文が公開された時点(受理された論文がオンライン上で公開された場合を含みます)での公開をご希望の方は、寄託申込書にその旨ご記入下さい。なお、ご寄託いただいた微生物株が寄託後5年経過した場合は原則的に公開させていただきますのでご了承願います。

このページの最初に戻る


3. 微生物株の輸送

お送りいただきました「微生物寄託依頼書」、および「生物遺伝資源譲渡同意書」もしくは「生物遺伝資源寄託同意書」の内容を検討させていただいた後、寄託の可否・送付方法等についてご連絡いたします。その後に微生物株を下記送付先にお送り下さい。

このページの最初に戻る


4. 各種書類ならびに微生物株の送付先

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1
  国立研究開発法人 理化学研究所
  バイオリソースセンター 微生物材料開発室
  FAX: 029-836-9561
  E-mail: inquiry.jcmriken.jp

寄託・譲渡の方法、書類の作成等についてご不明な点等ございましたら、下記の問い合わせ先までご連絡下さい。

このページの最初に戻る


5. JCM番号の通知

譲渡あるいは寄託微生物株は、生育、単一性、性状、遺伝子配列等のチェック、ならびに保存が完了した後にJCMに登録され、JCM番号が割り振られます。その後、譲渡者あるいは寄託者にJCM番号を通知いたします。

このページの最初に戻る


6. 微生物株に関する寄託ならびに公開の証明書について

International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 誌 (IJSEM) に新種等を発表される場合、あるいは IJSEM 誌の Validation List に新種等の掲載を依頼する場合、当該種等の基準株が2カ国以上のカルチャーコレクションに寄託され、一般に公開されることの証明が求められます。当センターではこの IJSEM 誌の方針にしたがって保存微生物株の寄託ならびに公開の証明書を発行いたしますので、必要な方は e-mail にてお申込み下さい。なお、証明書は寄託された微生物株の生残性や汚染のチェック、ならびに16S rRNA遺伝子配列の確認を行ったのちに発行可能となります。

本証明書は IJSEM のポリシーを鑑みて、学術研究利用に対して制限なく提供できる寄託微生物株についてのみ発行いたします。したがって、生物遺伝資源寄託同意書 (Form M-3) において、学術研究目的の提供に対して何らかの制限が付加された場合、あるいは利用者に寄託者からの提供承諾書 (Form M-6) あるいは Approval Form (Form M-12) の取得を要求する場合は本証明書の発行をいたしません。

このページの最初に戻る


7. 問い合わせ先

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1
  国立研究開発法人 理化学研究所
  バイオリソースセンター 微生物材料開発室
  FAX: 029-836-9561
  E-mail: inquiry.jcmriken.jp

このページの最初に戻る