オンラインカタログ

 学名検索1
 属名:
 種名:
    例1: 属名 = Micromonospora
例2: 種名 = aurantiaca
例3: 属名 = %monospo, 種名 = %ensis
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 学名検索2
   学名:
    例1: 学名 = Micromonospora chalcea
例2: 学名 = Lactobacillus paracasei subsp. paracasei
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 JCM番号検索
   JCM番号:
    例: JCM = 12345 (完全一致検索)

 他保存機関番号検索
 機関名略称:
 番号:
    例1: 機関名略称 = DSM, 番号 = 43067
例2: 機関名略称 = VKM, 番号 = Ac-636
(完全一致検索。大文字・小文字は区別されます)

 菌株データ検索
   キーワード:
    例: キーワード = genome sequence
(部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

 培地検索
 JCM培地番号:
 培地名:
    例1: JCM培地番号 = 58
例2: 培地名 = malt extract
(JCM培地番号は完全一致検索、培地名は部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

凍結乾燥およびL乾燥アンプルの開封法

 微生物株は原則として凍結乾燥またはL乾燥アンプルで提供します.アンプルは以下の手順で開封して,微生物株を復元してください.なお,製造時期などにより,お送りするアンプルの形状が異なる場合があります.開封法についてご不明な点がございましたら下記までお問い合わせください.

アンプルを平らな所に置き,くびれの部分(綿栓が入っている場合は綿栓の部分)にヤスリなどでキズをつけてください. 所定の復元液* 0.3~0.5 ml を滅菌パスツールピペットでアンプル内にゆっくり加え,標品を懸濁します.
*以下のJCMオンラインカタログを参照.
    <http://jcm.brc.riken.jp/ja/catalogue>
アンプルの外面を70%アルコール綿でよく拭きます. 菌体懸濁液全量をオンラインカタログに記載されている所定の培地に接種し,指定条件で培養してください.
微生物の復元(動画 23MB)
アンプルを乾熱滅菌ガーゼで包み,キズをつけた部分を外側に向けて折って下さい.アンプル内部は真空になっています.湿ったガーゼやアルコール綿を使うと,内部に液体が侵入して汚染や死滅の原因となりますので,これらの使用は避けてください.綿栓が入っているアンプルの場合は火炎滅菌したピンセットで綿栓を取り除きます.
凍結乾燥およびL乾燥アンプルの開封法(PDF 380KB)