オンラインカタログ

 学名検索1
 属名:
 種名:
    例1: 属名 = Micromonospora
例2: 種名 = aurantiaca
例3: 属名 = %monospo, 種名 = %ensis
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 学名検索2
   学名:
    例1: 学名 = Micromonospora chalcea
例2: 学名 = Lactobacillus paracasei subsp. paracasei
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 JCM番号検索
   JCM番号:
    例: JCM = 12345 (完全一致検索)

 他保存機関番号検索
 機関名略称:
 番号:
    例1: 機関名略称 = DSM, 番号 = 43067
例2: 機関名略称 = VKM, 番号 = Ac-636
(完全一致検索。大文字・小文字は区別されます)

 菌株データ検索
   キーワード:
    例: キーワード = toluene
(部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

 培地検索
 JCM培地番号:
 培地名:
    例1: JCM培地番号 = 58
例2: 培地名 = malt extract
(JCM培地番号は完全一致検索、培地名は部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

JCM Mail News No. 115


**********************************************************************
RIKEN BioResource Research Center - Japan Collection of Microorganisms
                JCM Mail News (電子メール版) No. 115
**********************************************************************

    理化学研究所 バイオリソース研究センター 微生物材料開発室(JCM)
    が公開している微生物等の最新情報をお届けします。

━━━━  目  次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● リソース紹介「始原的な炭酸固定経路をもつ好熱性バクテリア」
 ● 日本農芸化学会2020年度大会におけるパネル展示のお知らせ
 ● 新規公開微生物株(2019年12月-2020年1月公開)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  リソース紹介「始原的な炭酸固定経路をもつ好熱性バクテリア」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
微生物の中には、自身の細胞の構成成分であるタンパク質や脂質といった有機
物を、無機物である炭酸から合成する炭酸固定能を有する種が存在します。そ
れらの微生物は独立栄養性微生物と呼ばれており、生態系の一次生産者として
の役割を担うことができるため、地球史を通じて炭素循環を駆動する重要な生
物です。微生物が有する炭酸固定経路として、これまでにいくつかの異なる経
路が報告されており、例えばカルビン回路や還元型アセチルCoA経路などが挙
げられます。深海熱水域から分離されたThermosulfidibacter takaii
(=JCM 13301T)は、70度付近でよく生育する好熱性バクテリアで、エネルギ
ー源として水素を利用し、炭素源として炭酸の他にも酢酸やコハク酸といった
有機物を利用することができる混合栄養性を示します(文献1)。T. takaiiは、
これまで知られていたどの炭酸固定経路も有しておらず、ヒトをはじめ多くの
生物が有するクエン酸回路を逆回しにすることで炭酸固定することが示された
世界初の生物です(文献2)。この結果を受けて、「初期生命は、逆クエン酸
回路を行える混合栄養性であった」という説が提唱されました。クエン酸回路
を有する好熱性バクテリア・アーキアは数多く報告されております。これらの
微生物が逆クエン酸回路によって炭酸固定ができるかどうかを実証するためは、
生きた菌株を用いた培養実験が必要不可欠です。JCMでは、T. takaiiをはじめ、
多くの好熱性バクテリア・アーキア株を公開しております。

文献
1. Nunoura T, Oida H, Miyazaki M, & Suzuki Y (2008) Thermosulfidibacter
takaii gen. nov., sp. nov., a thermophilic, hydrogen-oxidizing, 
sulfur-reducing chemolithoautotroph isolated from a deep-sea 
hydrothermal field in the Southern Okinawa Trough.
Int J Syst Evol Microbiol 58(Pt 3):659-665. 
2. Nunoura T, et al. (2018) A primordial and reversible TCA cycle in a
acultatively chemolithoautotrophic thermophile.
Science 359(6375):559.

(加藤真悟・伊藤隆 アーキア・極限環境細菌担当)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  日本農芸化学会2020年度大会におけるパネル展示のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本農芸化学会2020年度大会においてJCMのパネル展示を行います。本大会に
ご出席される方はどうぞブースにお立ち寄り下さいますようご案内いたします。

 日本農芸化学会2020年度大会
 展示会期 2020年3月26日(木)~28日(土)
 展示会場 九州大学 伊都キャンパス
(〒819-0395 福岡市西区元岡744番地) 
大会ホームページ:https://www.jsbba.or.jp/2020/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新規公開微生物株(2019年12月-2020年1月公開)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
細菌
Algibacter sp.                         JCM 16844
"Amnibacterium setariae"               JCM 32878  Proposed type strain
Arcobacter nitrofigilis                JCM 33357  Type strain
Arcobacter skirrowii                   JCM 33358  Type strain
Biomaibacter acetigenes                JCM 33158  Type strain
"Cryobacterium tepidiphilum"           JCM 32545  Proposed type strain
Empedobacter sp.                       JCM 16866
Enterococcus nangangensis              JCM 33832  Type strain
Enterococcus pingfangensis             JCM 33833  Type strain
Enterococcus songbeiensis              JCM 33834  Type strain
Halobacteriovorax vibrionivorans       JCM 32962  Type strain
Hymenobacter persicinus                JCM 32191  Type strain
Lactobacillus baiquanensis             JCM 33821  Type strain
Lactobacillus daoliensis               JCM 33826  Type strain
Lactobacillus daowaiensis              JCM 33827  Type strain
Lactobacillus dongliensis              JCM 33828  Type strain
Lactobacillus hulinensis               JCM 33819  Type strain
Lactobacillus jidongensis              JCM 33823  Type strain
Lactobacillus kaifaensis               JCM 33831  Type strain
Lactobacillus kedongensis              JCM 33822  Type strain
Lactobacillus keshanensis              JCM 33825  Type strain
Lactobacillus mishanensis              JCM 33820  Type strain
Lactobacillus pingfangensis            JCM 33830  Type strain
Lactobacillus songbeiensis             JCM 33829  Type strain
Lactobacillus yilanensis               JCM 33824  Type strain
Lactobacillus zhongbaensis             JCM 33818  Type strain
Lysobacter helvus                      JCM 32364  Type strain
Lysobacter xanthus                     JCM 32365  Type strain
Microbispora sp.                       JCM 30878
"Nonomuraea phyllanthi"                JCM 33073  Proposed type strain
Nonomuraea sp.                         JCM 30879
Paenibacillus thalictri                JCM 33293  Type strain
Photobacterium salinisoli              JCM 30852  Type strain
Polaribacter sp.                       JCM 16846
Polaribacter sp.                       JCM 16847
Pseudarcobacter defluvii               JCM 33356  Type strain
Pseudomonas putida                     JCM 13062
Pseudomonas tructae                    JCM 33436  Type strain
Rhodoluna limnophila                   JCM 32925
Rhodoluna limnophila                   JCM 32926  Type strain
Rhodoluna limnophila                   JCM 32927
"Rhodoluna planktonica"                JCM 32928
Sphingobacterium athyrii               JCM 32543  Type strain
Unidentified bacterium                 JCM 16863
Unidentified bacterium                 JCM 16992
Vibrio alginolyticus                   JCM 32963

アーキア
Halostella limicola                    JCM 30667  Type strain

真菌
Synnemasporella aculeans               JCM 32533
Trichothecium ovalisporum              JCM 11801
Trichothecium ovalisporum              JCM 11802

詳細は以下のサイトから検索できますのでご利用ください。
https://jcm.brc.riken.jp/ja/catalogue

------------------------
※ メールニュースの配信を停止されたい場合は、こちらのページ
(https://jcm.brc.riken.jp/ja/mn_cancel)で配信停止を行ってください。
※ 当メールへのご質問などは、微生物材料開発室(inquiry.jcm@riken.jp)
までお送りください。
※ 当メールニュース受信者各位機関のサーバーメンテナンス等によりメール
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のWebサイトで公開しておりますので
そちらをご覧ください。
https://jcm.brc.riken.jp/ja/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止します。
_____________________________________________
発行
理化学研究所 バイオリソース研究センター
微生物材料開発室 (JCM)
inquiry.jcm@riken.jp
https://jcm.brc.riken.jp/ja/
2020年2月13日
_____________________________________________