オンラインカタログ

 学名検索1
 属名:
 種名:
    例1: 属名 = Micromonospora
例2: 種名 = aurantiaca
例3: 属名 = %monospo, 種名 = %ensis
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 学名検索2
   学名:
    例1: 学名 = Micromonospora chalcea
例2: 学名 = Lactobacillus paracasei subsp. paracasei
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 JCM番号検索
   JCM番号:
    例: JCM = 12345 (完全一致検索)

 他保存機関番号検索
 機関名略称:
 番号:
    例1: 機関名略称 = DSM, 番号 = 43067
例2: 機関名略称 = VKM, 番号 = Ac-636
(完全一致検索。大文字・小文字は区別されます)

 菌株データ検索
   キーワード:
    例: キーワード = toluene
(部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

 培地検索
 JCM培地番号:
 培地名:
    例1: JCM培地番号 = 58
例2: 培地名 = malt extract
(JCM培地番号は完全一致検索、培地名は部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

JCM Mail News No. 99


*************************************************************
RIKEN BioResource Center - Japan Collection of Microorganisms
            JCM Mail News (電子メール版) No. 99
*************************************************************

  理化学研究所 バイオリソースセンター 微生物材料開発室(JCM)
  が公開している微生物等の最新情報をお届けします。

━━━━  目  次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● 今月のリソース紹介「チャバネアオカメムシPlautia staliと共生する
                        Pantoea属細菌」
 ● 新規公開微生物株(2016年8月公開)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  今月のリソース紹介「チャバネアオカメムシPlautia staliと共生する
┃                      Pantoea属細菌」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 自然界では、様々な生物が共生関係を築き、様々な方法で生命進化や多様化
を起こしています。中でも、昆虫-微生物間の相利共生関係では、進化速度を
超えて、共生微生物がゲノム収縮を起こしたり、自由生活に必須の遺伝子を欠
損したり、宿主を支えるために役割を効率化するため、共生関係なしに互いの
生物は生存できません。このような絶対共生微生物が、進化の過程で、どのよ
うにして自由生活性の祖先から生じたか興味深い問題であります。この問題に
対し、チャバネアオカメムシPlautia staliと共生Pantoea属細菌の共生関係が
Hosokawaら(2016)により調べられました。その結果、本カメムシ集団には、
6系統の共生細菌が存在し、2系統はゲノム縮小して培養できないものの、4系
統はゲノム縮小が起きておらず培養可能であることが明らかとなりました。
さらに、カメムシ内共生Pantoea属細菌が除去されることで宿主昆虫は生存で
きませんが、培養可能な共生Pantoea属細菌を再感染させることで正常な成長
の回復が見られ、共生細菌が宿主にとって必須であり、培養可能なPantoea属
細菌と培養不可能なPantoea属細菌細菌とで機能的にほぼ同等であることが解
明されました。本研究でも純粋分離されたPantoea属細菌6株は当室に寄託さ
れ、現在、公開されています。自然界で自由生活から絶対相利共生への進化に
ついて、今後のさらなる研究の進展が期待されます。

JCM 30570: チャバネアオカメムシPlautia stali由来の系統C
JCM 30571: チャバネアオカメムシPlautia stali由来の系統D
JCM 30572: チャバネアオカメムシPlautia stali由来の系統E
JCM 30573: チャバネアオカメムシPlautia stali由来の系統F
JCM 30574: ミカンキンカメムシSolenosthedium chinense由来の系統C
JCM 30575: ミヤコキンカメムシLampromicra miyakona由来の系統D
JCM 30576: フタホシツマジロカメムシAxiagastus rosmarus由来の系統E

参考文献
1) Hosokawa, T. et al. 2016. Nat. Microbiol., 1: 15011.

飯野 隆夫(好気性細菌担当)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新規公開微生物株(2016年8月公開)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
細菌
"Abyssicoccus albus"                   JCM 30296  Proposed type strain
Actinopolyspora lacussalsi             JCM 31477  Type strain
Actinopolyspora xinjiangensis          JCM 31478  Type strain
Actinotalea ferrariae                  JCM 31479  Type strain
"Aeromicrobium halotolerans"           JCM 30627  Proposed type strain
Allonocardiopsis opalescens            JCM 31480  Type strain
"Altererythrobacter buctense"          JCM 30112  Proposed type strain
"Altererythrobacter terrae"            JCM 19177  Proposed type strain
Amycolatopsis endophytica              JCM 31481  Type strain
"Amycolatopsis xuchangensis"           JCM 30653  Proposed type strain
Angustibacter peucedani                JCM 31482  Type strain
Arthrobacter sp.                       JCM 31143
"Breznakia blatticola"                 JCM 30190  Proposed type strain
"Breznakia pachnodae"                  JCM 30191  Proposed type strain
Ciceribacter sp.                       JCM 6984
Crenalkalicoccus roseus                JCM 19657  Type strain
Crenalkalicoccus roseus                JCM 19658
Enterobacter cancerogenus              JCM 3944
Enterobacter cancerogenus              JCM 3945
Enterobacter cancerogenus              JCM 3946
Enterobacter cancerogenus              JCM 3947
Enterococcus faecalis                  JCM 31467
"Enterococcus xinjiangensis"           JCM 30200  Proposed type strain
"Flexivirga endophytica"               JCM 30628  Proposed type strain
Fluviicoccus keumensis                 JCM 19370  Type strain
Gallibacterium sp.                     JCM 5841
Glycomyces halotolerans                JCM 31484  Type strain
Humibacter soli                        JCM 31015  Type strain
"Hymenobacter glacieicola"             JCM 30596
Kibdelosporangium lantanae             JCM 31486  Type strain
Kibdelosporangium phytohabitans        JCM 31487  Type strain
Kineococcus endophyticus               JCM 31488  Type strain
Kordiimonas lipolytica                 JCM 30877  Type strain
Labedaea rhizosphaerae                 JCM 31489  Type strain
Lentimicrobium saccharophilum          JCM 30898  Type strain
Lutibacter profundi                    JCM 30586  Type strain
Mannheimia sp.                         JCM 5843
Marinactinospora endophytica           JCM 31490  Type strain
"Methylobacterium indicum"             JCM 30761  Proposed type strain
"Methylobacterium indicum"             JCM 30762
"Microbacterium gilvum"                JCM 18537  Proposed type strain
"Microbacterium horti"                 JCM 30422  Proposed type strain
Mycobacterium abscessus subsp.         JCM 30620
bolletii
Mycobacterium intracellulare           JCM 30618
"Mycobacterium paraintracellulare"     JCM 30622  Proposed type strain
Niabella pedocola                      JCM 31011  Type strain
Nocardioides dilutus                   JCM 31491  Type strain
"Nocardioides intraradicalis"          JCM 30632  Proposed type strain
"Nocardioides pakistanensis"           JCM 30630  Proposed type strain
Nocardioides solisilvae                JCM 31492  Type strain
Pantoea agglomerans                    JCM 7000
Pantoea ananatis                       JCM 6986
Pasteurella multocida subsp.           JCM 5837
gallicida
Pasteurella multocida subsp.           JCM 5836
multocida
Pasteurella sp.                        JCM 5838
Phytoactinopolyspora endophytica       JCM 31493  Type strain
Pseudomonas fluorescens                JCM 13060
"Roseomonas chloroacetimidivorans"     JCM 31050  Proposed type strain
Saccharothrix lopnurensis              JCM 30635  Type strain
Salinicoccus sediminis                 JCM 30061  Type strain
Sinomonas notoginsengisoli             JCM 31494  Type strain
Spelaeicoccus albus                    JCM 31495  Type strain
Staphylococcus sp.                     JCM 31421
Sulfurovum riftiae                     JCM 30810  Type strain
"Telluribacter humicola"               JCM 31133  Proposed type strain
"Thalassiella azotovora"               JCM 31134  Proposed type strain
"Tsukamurella serpentis"               JCM 31017  Proposed type strain
"Tsukamurella serpentis"               JCM 31018
Umezawaea endophytica                  JCM 30636
Umezawaea endophytica                  JCM 30637  Type strain
Vibrio fluvialis                       JCM 3744
Williamsia sterculiae                  JCM 31496  Type strain

アーキア
Halanaeroarchaeum sulfurireducens      JCM 30661  Type strain
"Halomarina salina"                    JCM 30039  Proposed type strain
Halostella salina                      JCM 30111  Type strain

真菌
Ovatisporangium sp.                    JCM 30509
Ovatisporangium sp.                    JCM 30511
Ovatisporangium vexans                 JCM 30508
Thelonectria discophora                JCM 30947
Trichosporon sp.                       JCM 30793

詳細は以下のサイトから検索できますのでご利用ください。
https://jcm.brc.riken.jp/ja/catalogue

------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、微生物材料開発室
(inquiry@jcm.riken.jp)まで「メールニュース不要」の旨をご連絡ください。
※ 当メールへのご質問などは、微生物材料開発室(inquiry@jcm.riken.jp)
までお送りください。
※ 当メールニュース受信者各位機関のサーバーメンテナンス等によりメール
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のWebサイトで公開しておりますので
そちらをご覧ください。
https://jcm.brc.riken.jp/ja/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止します。
_____________________________________________
発行
理化学研究所 バイオリソースセンター
微生物材料開発室 (JCM)
inquiry@jcm.riken.jp
https://jcm.brc.riken.jp/ja/
2016年9月21日
_____________________________________________