オンラインカタログ

 学名検索1
 属名:
 種名:
    例1: 属名 = Micromonospora
例2: 種名 = aurantiaca
例3: 属名 = %monospo, 種名 = %ensis
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 学名検索2
   学名:
    例1: 学名 = Micromonospora chalcea
例2: 学名 = Lactobacillus paracasei subsp. paracasei
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 JCM番号検索
   JCM番号:
    例: JCM = 12345 (完全一致検索)

 他保存機関番号検索
 機関名略称:
 番号:
    例1: 機関名略称 = DSM, 番号 = 43067
例2: 機関名略称 = VKM, 番号 = Ac-636
(完全一致検索。大文字・小文字は区別されます)

 菌株データ検索
   キーワード:
    例: キーワード = toluene
(部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

 培地検索
 JCM培地番号:
 培地名:
    例1: JCM培地番号 = 58
例2: 培地名 = malt extract
(JCM培地番号は完全一致検索、培地名は部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

JCM Mail News No. 88

*************************************************************
RIKEN BioResource Center - Japan Collection of Microorganisms
            JCM Mail News (電子メール版) No. 88
*************************************************************

独立行政法人 理化学研究所 バイオリソースセンター 微生物材料開発室(JCM)
が公開している微生物等の最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 今月のリソース紹介「バルキングと糸状性細菌について」
● 日本農芸化学会2015年度大会におけるパネル展示のお知らせ
● 新規公開微生物株(2015年2月公開)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃今月のリソース紹介「バルキングと糸状性細菌について」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 バルキング(Bulking:膨化)とは汚泥が沈降しにくくなり、上澄水が得にく
くなる現象のことをいいます。下水処理場においてバルキングが起こると沈殿槽
で汚泥が分離できず、汚泥が沈殿槽から流出するキャリーオーバーが発生します。
このような現象が起こる原因して考えられる一つが糸状性細菌の異常増殖による
ものです。活性汚泥のフロックに糸状に増殖する糸状性細菌の割合が多くなり、
フロック全体が綿状になる糸状性バルキングを引き起こす細菌としては
Sphaerotilus属細菌やThiothrix属細菌などが報告されています。
 これまでにJCMではSphaerotilus natans JCM 20382、Thiothrix disciformis
JCM 11364 (type strain)、Thiothrix flexilis JCM 11135 (type strain)の3株
を公開してきました。これらの菌株に加え、昨年より河野哲郎先生(元山梨大学
工学部准教授)にご寄託いただいた、以下のバルキング原因菌の公開を始めまし
た。バルキング対策の研究に、どうぞご利用ください。
“Kouleothrix aurantiaca” JCM 19913(=COM-B株)
“Kouleothrix aurantiaca” JCM 19914(=EJ2M-A株)
“Kouleothrix aurantiaca” JCM 19915(=SCM-E株)
“Kouleothrix aurantiaca” JCM 19916(=MYSI-A株)
“Kouleothrix aurantiaca” JCM 19917(=NH3I-A株)
 Herpetosiphon sp. JCM 19918(=OSI-BS株)

参考文献
Kohno et al. 2002. Characterization of type 1851 organism isolated from
actived sluge samples. Water Sci. Technol. 46: 111-114. PMID: 12216610

坂本 光央(嫌気性細菌および乳酸菌担当)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  日本農芸化学会2015年度大会におけるパネル展示のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本農芸化学会2015年度大会においてJCMのパネル展示を行います。本大会に
ご出席される方はどうぞブースにお立ち寄り下さいますようご案内いたします。

日本農芸化学会2015年度大会
展示会期 2015 年 3 月 27日(金)- 29日(日)
展示会場 岡山大学津島キャンパス
(〒700-8530 岡山市北区津島中2-1-1)
大会ホームページ:http://www.jsbba.or.jp/2015/
展示のご案内:
http://www.nbrp.jp/office/documents/2015nihon_nogei_kagakukai.pdf

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新規公開微生物株(2015年2月公開)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
細菌
Acinetobacter pakistanensis           JCM 18977  Type strain
Actibacter haliotis                   JCM 18868  Type strain
Aeromonas caviae                      JCM 1043
Anoxybacter fermentans                JCM 19466  Type strain
Arcticibacter eurypsychrophilus       JCM 19862  Type strain
Arenimonas maotaiensis                JCM 19710  Type strain
Corynebacterium atrinae               JCM 19266  Type strain
Cryobacterium sp.                     JCM 19503
Cryobacterium sp.                     JCM 19504
Cryobacterium sp.                     JCM 19505
Cryobacterium sp.                     JCM 19506
Dysgonomonas termitidis               JCM 30204  Type strain
Epilithonimonas ginsengisoli          JCM 19896  Type strain
Flavobacterium maotaiense             JCM 19927  Type strain
Geobacillus stearothermophilus        JCM 30104
Kiloniella spongiae                   JCM 19930  Type strain
Micrococcus sp.                       JCM 19508
Mycobacterium celeriflavum            JCM 18439  Type strain
Nesterenkonia alkaliphila             JCM 19766  Type strain
Paracraurococcus ruber                JCM 9931   Type strain
Psychroserpens jangbogonensis         JCM 30228  Type strain
Rhizobium populi                      JCM 19159  Type strain
Rhodococcus aerolatus                 JCM 19485  Type strain
"Spirosoma radiotolerans"             JCM 19447  Proposed type strain
Streptococcus parasuis                JCM 30273  Type strain
"Streptomyces alkalithermotolerans"   JCM 30167  Proposed type strain
Suttonella indologenes                JCM 1478   Type strain
Vibrio furnissii                      JCM 1282

詳細は以下のサイトから検索できますのでご利用ください。
https://jcm.brc.riken.jp/ja/catalogue

------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、微生物材料開発室
(inquiry@jcm.riken.jp)まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
※ 当メールへのご質問などは、微生物材料開発室(inquiry@jcm.riken.jp)
までお送り下さい。
※ 当メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので
そちらをご覧下さい。
https://jcm.brc.riken.jp/ja/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止します。
_____________________________________________
発行
独立行政法人 理化学研究所 バイオリソースセンター
微生物材料開発室 (JCM)
inquiry@jcm.riken.jp
https://jcm.brc.riken.jp/ja/
2015年3月18日
_____________________________________________