オンラインカタログ

 学名検索1
 属名:
 種名:
    例1: 属名 = Micromonospora
例2: 種名 = aurantiaca
例3: 属名 = %monospo, 種名 = %ensis
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 学名検索2
   学名:
    例1: 学名 = Micromonospora chalcea
例2: 学名 = Lactobacillus paracasei subsp. paracasei
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 JCM番号検索
   JCM番号:
    例: JCM = 12345 (完全一致検索)

 他保存機関番号検索
 機関名略称:
 番号:
    例1: 機関名略称 = DSM, 番号 = 43067
例2: 機関名略称 = VKM, 番号 = Ac-636
(完全一致検索。大文字・小文字は区別されます)

 菌株データ検索
   キーワード:
    例: キーワード = toluene
(部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

 培地検索
 JCM培地番号:
 培地名:
    例1: JCM培地番号 = 58
例2: 培地名 = malt extract
(JCM培地番号は完全一致検索、培地名は部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

JCM Mail News No. 86

*************************************************************
RIKEN BioResource Center - Japan Collection of Microorganisms
            JCM Mail News (電子メール版) No. 86
*************************************************************

独立行政法人 理化学研究所 バイオリソースセンター 微生物材料開発室(JCM)
が公開している微生物等の最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 新年のご挨拶
● 今月のトピックス「JCMリソースの製品活用事例について」
● 新規公開微生物株(2014年12月公開)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新年のご挨拶
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 旧年中は格別のご愛顧をいただき厚く御礼申し上げます。
 生物遺伝資源(バイオリソース)をめぐっては、研究への利用のみならず、そ
の保全や確保、国際間の移転、そして活用による国民や社会への貢献など、様々
な課題が重要になってきております。昨年は何かと世間をお騒がせしたかとも存
じますが、教訓と受け止めて規範を正し、一層皆様のお役に立てるよう取り組ん
でいきたいと、気持ちを新たにしております。
 旧年同様のご指導、ご支援を賜りますよう、本年もどうぞよろしくお願いいた
します。

大熊盛也(室長)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  今月のトピックス「JCMリソースの製品活用事例について」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前回のメールニュース(JCM Mail News No. 85)で、JCMから提供したリソー
ス(Lactococcus lactis subsp. lactis JCM 5805)を活用した製品について紹
介させていただきました。その詳細をバイオリソースセンターのホームページに
掲載いたしました。(https://ja.brc.riken.jp/news/guide_20141226_01.html)
 また、本リソースを用いた研究が製品となるまでには、多くの研究がなされ、
その成果が論文発表されていることも報告させていただきます。
1) Jounai, K., Ikado, K., Sugimura, T., Ano, Y., Braun, J., and
Fujiwara, D. 2012. Spherical lactic acid bacteria activate plasmacytoid
dendritic cells immunomodulatory function via TLR9-dependent crosstalk
with myeloid dendritic cells. PLOS ONE e32588. PMID: 22505996.(メール
ニュースNo. 65でも紹介)
2) Sugimura, T., Jounai, K., Ohshio, K., Tanaka, T., Suwa, M., and
Fujiwara, D. 2013. Immunomodulatory effect of Lactococcus lactis JCM
5805 on human plasmacytoid dendritic cells. Clin. Immunol. 149: 509-518.
PMID: 24239838.

 なお、JCMのホームページにあります生物遺伝資源提供同意書(第一種、第二
種とも)は、法令やガイドラインによって認められる研究環境の整った実験室内
で行う研究開発を前提とした内容になっています。そのため、微生物が生きてい
るかどうかに関わらず、リソースそのものやその産物のヒトへの直接使用や、自
然環境への効果の測定等研究室外での使用、また製品化・事業化を検討される際
は、当該菌株の提供の際のMTAの内容を今一度ご確認いただくとともに、理研BRC
にご連絡くださいますようお願いいたします。

高島昌子(リソース事業推進担当)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新規公開微生物株(2014年12月公開)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
細菌
Aeromicrobium massiliense        JCM 30543      Type strain
Agromyces flavus                 JCM 30488      Type strain
"Arthrobacter liuii"             JCM 19864
Bacillus subtilis                JCM 30446
Blautia luti                     JCM 17040      Type strain
Brachybacterium huguangmaarense  JCM 30544      Type strain
Brevibacterium senegalense       JCM 30545      Type strain
Clostridium huakuii              JCM 19186      Type strain
"Coralslurrinella hongkonensis"  JCM 18796      Proposed type strain
Cribrihabitans neustonicus       JCM 19537      Type strain
Gordonia defluvii                JCM 14234      Type strain
Gordonia phosphorivorans         JCM 30490      Type strain
Kocuria indica                   JCM 30546      Type strain
Kribbella albertanoniae          JCM 30547      Type strain
Kribbella endophytica            JCM 30548      Type strain
Lactobacillus gorillae           JCM 19575      Type strain
Microbacter margulisiae          JCM 19374      Type strain
Microbacterium amylolyticum      JCM 30491      Type strain
Microbacterium arthrosphaerae    JCM 30492      Type strain
Microbacterium lindanitolerans   JCM 30493      Type strain
Microbacterium murale            JCM 30494      Type strain
Microbacterium petrolearium      JCM 19612      Type strain
Mycetocola reblochoni            JCM 30549      Type strain
Neptunomonas acidivorans         JCM 18291      Type strain
Nesterenkonia rhizosphaerae      JCM 19129      Type strain
Nocardia sp.                     JCM 12353
Ornithinimicrobium murale        JCM 30495      Type strain
Paenibacillus chartarius         JCM 30496      Type strain
"Paenibacillus nicotianae"       JCM 19632      Proposed type strain
Paenibacillus sepulcri           JCM 30497      Type strain
Paenibacillus susongensis        JCM 19951      Type strain
Pedobacter pituitosus            JCM 18729      Type strain
Phycicola gilvus                 JCM 30550      Type strain
Pseudomonas cremoricolorata      JCM 20204      Type strain
Pseudomonas straminea            JCM 11247
Pseudomonas straminea            JCM 11248
Psychroflexus salarius           JCM 18730      Type strain
Salimicrobium jeotgali           JCM 19758      Type strain
"Siansivirga jejuensis"          JCM 19228      Proposed type strain
Sphaerochaeta multiformis        JCM 17281      Type strain
Streptomyces calidiresistens     JCM 19629      Type strain
Virgibacillus olivae             JCM 30551      Type strain
Virgibacillus salexigens         JCM 30552      Type strain

詳細は以下のサイトから検索できますのでご利用ください。
https://jcm.brc.riken.jp/ja/catalogue

------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、微生物材料開発室
(inquiry@jcm.riken.jp)まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
※ 当メールへのご質問などは、微生物材料開発室(inquiry@jcm.riken.jp)
までお送り下さい。
※ 当メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので
そちらをご覧下さい。
https://jcm.brc.riken.jp/ja/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止します。
_____________________________________________
発行
独立行政法人 理化学研究所 バイオリソースセンター
微生物材料開発室 (JCM)
inquiry@jcm.riken.jp
https://jcm.brc.riken.jp/ja/
2015年1月16日
_____________________________________________