オンラインカタログ

 学名検索1
 属名:
 種名:
    例1: 属名 = Micromonospora
例2: 種名 = aurantiaca
例3: 属名 = %monospo, 種名 = %ensis
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 学名検索2
   学名:
    例1: 学名 = Micromonospora chalcea
例2: 学名 = Lactobacillus paracasei subsp. paracasei
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 JCM番号検索
   JCM番号:
    例: JCM = 12345 (完全一致検索)

 他保存機関番号検索
 機関名略称:
 番号:
    例1: 機関名略称 = DSM, 番号 = 43067
例2: 機関名略称 = VKM, 番号 = Ac-636
(完全一致検索。大文字・小文字は区別されます)

 菌株データ検索
   キーワード:
    例: キーワード = genome sequence
(部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

 培地検索
 JCM培地番号:
 培地名:
    例1: JCM培地番号 = 58
例2: 培地名 = malt extract
(JCM培地番号は完全一致検索、培地名は部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

存続が危惧される貴重な微生物資源の救済の取り組み

大学教官や担当職員の退職、プロジェクト研究の終了などで、これまで研究室や機関で維持されてきた微生物資源の存続が危惧される場合が想定されます。JCMではこれまで、東京大学のIAMカルチャーコレクションや東京農業大学の酢酸菌など、存続が危惧される学術・研究上に貴重な微生物資源を移管して救済する取り組みを実施してきました。
このような移管菌株は研究者の皆様に利活用いただくことを前提としています。しかし、IAM移管菌株のように即時提供可能な状態で移管された場合を除き、提供においては通常の公開菌株に比べて時間を要する場合があります。詳細はこちらをご覧ください。
移管を希望される場合、こちらまでご連絡ください。利活用促進のため原則的に譲渡扱いとすることにご理解いただけますようお願いいたします。