オンラインカタログ

 学名検索1
 属名:
 種名:
    例1: 属名 = Micromonospora
例2: 種名 = aurantiaca
例3: 属名 = %monospo, 種名 = %ensis
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 学名検索2
   学名:
    例1: 学名 = Micromonospora chalcea
例2: 学名 = Lactobacillus paracasei subsp. paracasei
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 JCM番号検索
   JCM番号:
    例: JCM = 12345 (完全一致検索)

 他保存機関番号検索
 機関名略称:
 番号:
    例1: 機関名略称 = DSM, 番号 = 43067
例2: 機関名略称 = VKM, 番号 = Ac-636
(完全一致検索。大文字・小文字は区別されます)

 菌株データ検索
   キーワード:
    例: キーワード = genome sequence
(部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

 培地検索
 JCM培地番号:
 培地名:
    例1: JCM培地番号 = 58
例2: 培地名 = malt extract
(JCM培地番号は完全一致検索、培地名は部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

JCM Mail News No. 100


*************************************************************
RIKEN BioResource Center - Japan Collection of Microorganisms
            JCM Mail News (電子メール版) No. 100
*************************************************************

  理化学研究所 バイオリソースセンター 微生物材料開発室(JCM)
  が公開している微生物等の最新情報をお届けします。

━━━━  目  次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● 嫌気性微生物の培養・保存に関する技術研修実施のお知らせ
 ● 被災地の研究者へのバイオリソース無償提供について
 ● 新規公開微生物株(2016年9月公開)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様のおかげをもちまして、JCMメールニュースは、2006年4月の配信開始か
ら数えて今回で100回目となりました。この10年でJCMの保有微生物株数も
12,500から26,000にまで増え、のべ37,000株ものご利用をいただきました。
JCMをご利用いただいた研究成果も4,000報を超える原著論文として発表されて
おります。これもひとえに皆様のご支援の賜物と感謝しております。
 今後も配信情報と微生物リソースを充実させ、皆様の研究のお役に立てるよ
う室員一同で努めてまいります。何卒ご支援、ご指導、ご鞭撻のほど、よろし
くお願い申し上げます。

大熊盛也(室長)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  嫌気性微生物の培養・保存に関する技術研修実施のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 JCMでは下記の要領で技術研修を行います。
 概  要: 嫌気性微生物を初めて取り扱う方を対象に、嫌気性細菌・
       アーキアの培養・保存法等について講義および実習を行います。
 研修期間: 平成28年11月14日(月)~平成28年11月15日(火)(2日間)
 実施場所: 国立研究開発法人理化学研究所(筑波地区) 
       情報・微生物棟内(茨城県つくば市高野台3-1-1)

  詳細はhttp://ja.brc.riken.jp/consulting/kensyu_jcm11.shtmlをご覧ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  被災地の研究者へのバイオリソース無償提供について
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 熊本地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 被災地の研究者の支援として、理化学研究所バイオリソースセンターは、当
センターが提供したバイオリソースの中で、震災で利用不可能になったバイオ
リソースを無償にて再提供いたします。また、震災の影響のあった大学、研究
機関、企業などで、当センターが保有するリソースをご希望の方は別途ご相談
ください。

詳細は以下のサイトをご覧ください。
http://ja.brc.riken.jp/news/shinsai_2016.shtml

 なお、理化学研究所では、この他にも支援を行っております。支援内容につ
いては、以下のURLをご参照ください。
http://www.riken.jp/pr/topics/2016/20160421_2/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新規公開微生物株(2016年9月公開)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
細菌
Abyssivirga alkaniphila               JCM 30920  Type strain
Allohahella marinimesophila           JCM 17555  Type strain
Altererythrobacter rigui              JCM 30975  Type strain
Aquaticitalea lipolytica              JCM 30876  Type strain
Burkholderia cepacia                  JCM 13195
Burkholderia cepacia                  JCM 13196
Burkholderia cepacia                  JCM 13197
Burkholderia cepacia                  JCM 13198
Comamonas sediminis                   JCM 31169  Type strain
"Loktanella aquimaris"                JCM 30382  Proposed type strain
"Loktanella aquimaris"                JCM 30383
Mangrovimonas xylaniphaga             JCM 30880  Type strain
Micromonospora sediminis              JCM 18523  Type strain
Niabella aquatica                     JCM 30952  Type strain
Paenibacillus liaoningensis           JCM 30712  Type strain
"Paenibacillus puernese"              JCM 30599  Proposed type strain
"Paradonghicola geojensis"            JCM 30384  Proposed type strain
Phenylobacterium panacis              JCM 31045  Type strain
Pseudahrensia todarodis               JCM 30419  Type strain
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13199
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13200
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13201
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13202
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13203
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13204
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13205
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13206
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13207
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13208
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13956
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13957
Pseudomonas aeruginosa                JCM 13958
Pseudomonas alcaliphila               JCM 13959
Pseudomonas alcaliphila               JCM 13960
Pseudomonas monteilii                 JCM 13961
Pseudomonas monteilii                 JCM 13962
Pseudomonas plecoglossicida           JCM 13963
Pseudomonas plecoglossicida           JCM 13964
Pseudomonas plecoglossicida           JCM 13965
Pseudomonas plecoglossicida           JCM 13966
Pseudomonas plecoglossicida           JCM 13967
Pseudomonas plecoglossicida           JCM 13968
Pseudomonas plecoglossicida           JCM 13969
Pseudomonas plecoglossicida           JCM 13970
Shewanella gelidii                    JCM 30804  Type strain
Sphingomonas sp.                      JCM 17462
Streptococcus oricebi                 JCM 30719  Type strain
Streptomyces chitinivorans            JCM 30611  Type strain
"Thalassospira australica"            JCM 31222  Proposed type strain

アーキア
Halorubrum pallidum                   JCM 30955  Type strain
Methanimicrococcus blatticola         JCM 31471  Type strain
Methanomassiliicoccus luminyensis     JCM 31472  Type strain
Salinigranum salinum                  JCM 30033  Type strain

詳細は以下のサイトから検索できますのでご利用ください。
http://jcm.brc.riken.jp/ja/catalogue

------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、微生物材料開発室
(inquiry@jcm.riken.jp)まで「メールニュース不要」の旨をご連絡ください。
※ 当メールへのご質問などは、微生物材料開発室(inquiry@jcm.riken.jp)
までお送りください。
※ 当メールニュース受信者各位機関のサーバーメンテナンス等によりメール
ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のWebサイトで公開しておりますので
そちらをご覧ください。
http://jcm.brc.riken.jp/ja/mailnews
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止します。
_____________________________________________
発行
理化学研究所 バイオリソースセンター
微生物材料開発室 (JCM)
inquiry@jcm.riken.jp
http://jcm.brc.riken.jp/ja/
2016年10月3日
_____________________________________________