オンラインカタログ

 学名検索1
 属名:
 種名:
    例1: 属名 = Micromonospora
例2: 種名 = aurantiaca
例3: 属名 = %monospo, 種名 = %ensis
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 学名検索2
   学名:
    例1: 学名 = Micromonospora chalcea
例2: 学名 = Lactobacillus paracasei subsp. paracasei
(前方一致検索。ワイルドカード「%」を使って中間または後方一致検索も可能。大文字・小文字は区別されません)

 JCM番号検索
   JCM番号:
    例: JCM = 12345 (完全一致検索)

 他保存機関番号検索
 機関名略称:
 番号:
    例1: 機関名略称 = DSM, 番号 = 43067
例2: 機関名略称 = VKM, 番号 = Ac-636
(完全一致検索。大文字・小文字は区別されます)

 菌株データ検索
   キーワード:
    例: キーワード = genome sequence
(部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

 培地検索
 JCM培地番号:
 培地名:
    例1: JCM培地番号 = 58
例2: 培地名 = malt extract
(JCM培地番号は完全一致検索、培地名は部分一致検索。大文字・小文字は区別されません)

JCM Mail News No. 77

*************************************************************
RIKEN BioResource Center - Japan Collection of Microorganisms
            JCM Mail News (電子メール版) No. 77
*************************************************************

独立行政法人 理化学研究所 バイオリソースセンター 微生物材料開発室(JCM)
が公開している微生物等の最新情報をお届けします。

━━━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 新年のご挨拶
● 「名古屋議定書に係る国内措置のあり方検討報告書(案)」に対する意見の
  募集(パブリックコメント)について(お知らせ)
● DNA-DNAハイブリダイゼーションに関する技術研修実施のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  新年のご挨拶
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新年あけましておめでとうございます。
 皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。旧年中は
格別のご愛顧をいただき厚く御礼申し上げます。
 JCMが筑波事業所に移転してから1年3ヶ月を過ぎました。ようやくではありま
すが、落ち着きを取り戻し、着実な事業の継続に努めております。
 名古屋議定書の締結を目前に控えるなど、本年も何かと気ぜわしくなるかと
思いますが、室員一同、地に足をつけつつ一層の飛躍をめざしていく所存でござ
います。
 旧年同様のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

大熊盛也(室長)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  「名古屋議定書に係る国内措置のあり方検討会報告書(案)」 に対する
┃  意見の募集(パブリックコメント)について (お知らせ)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前回のメールニュースで「名古屋議定書に係る国内措置の検討状況に関する
説明会」(環境省主催)についてお知らせしましたが、2013年12月27日(金)に、
環境省より標記パブコメが開始されました。

「名古屋議定書に係る国内措置のあり方検討会報告書(案)」 に対する意見の
募集(パブリックコメント)について (お知らせ)のページはこちらです。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17565

インターネットによる、パブコメ意見提出フォーム(e-GOV)はこちらです。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195130069&Mode=0

皆様や周りの研究者、関係者の皆様のご意見をお送り頂きますようお願いいたし
ます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  DNA-DNAハイブリダイゼーションに関する技術研修実施のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 理研BRC微生物材料開発室では2014年2月に微生物の種の分類・同定に重要な
技術であるDNA-DNAハイブリダイゼーション(蛍光標識、マイクロプレート法)
に関する技術研修を行います。詳細が決まりましたら、ホームページでご案内い
たします。

------------------------
※ メールでの情報提供受信を中止されたい場合は、微生物材料開発室
  (inquiry@jcm.riken.jp)まで「メールニュース不要」の旨をご連絡下さい。
※ 当メールへのご質問などは、微生物材料開発室(inquiry@jcm.riken.jp)
  までお送り下さい。
※ 当メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等によりメール
  ニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は行いません。
  発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので
  そちらをご覧下さい。
  http://www.jcm.riken.jp/JCM/mailnews.shtml
※ 本メールに記載された内容は予告することなく変更することがあります。
※ 本メールに掲載された記事を許可なく複製・転載することを禁止します。
_____________________________________________
発行
独立行政法人 理化学研究所 バイオリソースセンター
微生物材料開発室 (JCM)
inquiry@jcm.riken.jp
http://www.jcm.riken.jp/
2014年1月7日
_____________________________________________